【ガソスタ】バイクの給油は店員でも難しい。バイクだけ給油拒否?
スポンサーリンク

フルサービス店員はバイクの給油をしたくない人が多い。

給油口が小さかったり・溢れたりと車とは違い難しい。

ノズルしか入らない給油口は音と感覚でするしかない。

バイクの給油中はゆっくり燃料を入れないと飛び散りお客にガチギレされる。

店員始めたてはバイクの給油は誰もやりたがらない。

店員はバイクの給油を拒否したい?

スポンサーリンク

給油でノズルストップが使えない?

車ではノズルストップが使えるのですが。

バイクの場合は給油の勢い・ノズルストップの際に振動が大きくノズルが外れる場合と

燃料が溢れ出す可能性があるので使用はしません。

 

お客が居る前でバイクに燃料が掛かってしまったら笑い話では済みません。

店員は給油口にタオルを巻いたりと対処方法しています!

 

ノズルストップが使えない理由は分かりましたか?

ブログ内でも質問を募集しているよ!

 

フルサービスだから給油が早いと勘違いして給油に来る方が少なからずいます。

慣れている人はすぐに給油完了しますが、慣れていないのに

隣でまだ?と言われる気持ちは分かりますか?(初めの頃グチグチ言われました。)

数分ぐらい待ってよ。待てないならセルフで給油してくれ。

スポンサーリンク

給油は難しい?

普段バイクを乗らない人は給油をしませんよね?

店員もバイクを乗らない人が多数居ます。

 

バイクの給油は視覚でどれぐらい燃料が入ったか確認しながら入れていきます。

上手な人は数秒で燃料を入れるのでコツを聞いてみるとタンクの反響音だそうです。

 

数年店員をしていると特殊能力まで身につくのか(使う所ない笑)

時々私も満タンまで入れて溢してしまいます。(タオルでカバー!)

確認しながらなら簡単でしょ?と思う方は一度経験してみましょう!

 

その中でも一番難しいのが給油口が小さくノズルしか入らないバイクがあるので(ヤクルトのバイク)

感覚と音で判断しています!(初めは1回1回見ていました。)

今でもバイクの給油はしたくないと常々思いつつ給油しています。

スポンサーリンク

満タンの目安とは?

社員さんに教えて貰ったやり方は↓

指の第二関節を入れても燃料に触れないぐらいだとか。(実際は分からない)

それ以上入れると蓋を締める時に溢れると聞きました!

 

今も習った通り第二関節が触れるか触れないか程度で給油しています。

セルフで給油する人もボケっとしてると溢れて大惨事になるから注意!

 

バイクの満タンの目安てわかりにくいので自分で大体このぐらいまでが

満タンと決めておくのもポイントだよ!

店員はバイクの給油を拒否したい?

正直バイクに給油するのは難しいので嫌う人はいます。

ですが、バイクを使用して働いている人・生活で使用している人など様々な人がいます。

 

給油したくないから拒否するなど言語道断だと思います。(二輪免許持っています)

ネットで給油拒否と張り紙が貼っていたなど書かれていますが。

 

大手ガソリンスタンドでは無いと思います。

個人店が規制しているのでしょう。(見たことがないので不明)

 

他は周辺住民からの苦情があると辞めざる終えない。(普通は無い)

会社自体が勝手に規制しているなら辞めちまえて言いたい。

 

またバイクの溜まり場になってしまい規制している可能性もある。

張り紙があるガソスタに1度問い合わせる事が解決策。

タイヤ空気に入れる時に気をつける点は?

私のガソスタの場合は普通の空気しか入れられないので

窒素ガスを入れていないかシールが貼っていないか初めに確認する。

貼ってある場合は大抵 入れないと返事が返ってくる。

 

後はバイクのマフラーに触れない事ですね。

走行で激アツになっているので気をつけて空気を入れます!

以前に間違ってマフラーに触れて火傷しました。(アホでしかない)

それぐらいかな?経験上。

まとめ

今回は店員がバイクの給油について書いてみました!

どうでしたか?難しいと感じましたか?

ガソスタは簡単だと言われていますが。

1個1個慎重にミスをしないように丁寧に作業しています!

給油が遅いから文句を言うのではなくゆっくりでも丁寧に作業してくれてありがとう

と言える人になりましょうよ!!両方気持ちよく終わりたいじゃないですか!

他にも満タンの目安などを紹介しました!知識に加えてね!

最近ガソスタネタが無くなっているて記事にしていませんが。

またどこかで記事見てね!

 

ブログを応援していただけると助かります!

Amazon・楽天で商品を購入する時に下のリンク経由で
買って頂けるだけで商品の値段は変わらず 少し私に入ります!

 

Amazon

楽天市場

スポンサーリンク

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事