他人と自分は違くて良い。むしろ違う。比較しても変わらない。
スポンサーリンク

他人と私。それは比較対象。

勝手に比較しているのは自分。

違うなら違うなりに走ればいい。突き抜ければいい。

自分が成長できる比較ならいいだろう。僻みの比較ならきっと要らない。

隣の芝生は青い。ならあの子はあの子と割り切ることだろう。

比較してしまうのならやれることを少しずつ増やすことだ。

スポンサーリンク

比較してしまう。

私と貴方。それだけでも比較してしまう。

この世の中は比較することばかりだ。

あれが良い。コレが良い。

比較しても自分は自分でしか変えられないのに比較が皆お好きだ。

自分は自分だ。それで良いじゃないか。

 

比較に価値を置いても何も増えない。

むしろ価値を置いてしまえば全てが減ってしまうだけだ。

私達は価値と比較で出来ているに等しいのかも知れない。

小さな頃に植え付けられてしまったから等しいどころではないか。

 

  • 人を比較して。
  • 物を比較して。
  • 価格を比較して。
  • 質を比較して。
  • 時間を比較して。

それが正義になっているから、正当化されているから、上手く行かない。

今更比較するなと言っても、言われても無理だ。

だって、無意識に比較してしまうから。

私が、とか貴方がとかではなくて、植え付けられてしまっているから仕方がない。

意識をどれだけ変えようと努力した所で表面上は出来ても、人間の本質的な核の部分ではそれは出来ない。

ただ、変えようと少しでも努力する姿は美しいと思います!

 

逆に他人から比較対象にされたら離れれば良い。

一方的な僻みに苦痛を感じる必要性はない。

だって、辛いことを辛いまま放置しても得なんて無いから。

時間は有限なのに僻むだけで過ぎてしまう。

なら、素直に凄いと讃え、自分に取り込めばいい。

 

  • 貴方にとって比較は楽しいこと?
  • 貴方にとって比較は悲しいこと?

それすらも無意識下にあり、この人より優れていると比較している。

言ってしまえば、比較しても、行動に移さなければ僻みにはならないし、誰かを傷をつけることもない。

 

比較に正しいとか正しくないとかは無い。

自らの天秤でただ単に、測って、私ってダメな所ばかりだと目についてしまっているだけ。

ただ、それだけなのに自分だけだ。と悲しむ人が居る。

私にはその直し方も進み方も正直わからない。

分かれば良いのに。。助けられるのにと願うことは多い。

それでも、自分で自分を強くするしか多分方法は多分ない。

少なからず一歩踏み出せれば、誰かは掴んでくれるだろう。

スポンサーリンク

違うなら違うなりに出来ることをすればいい。

私と貴方は違う。それの何がダメなの?

違うなら自分が楽しいと思ったことに一生懸命に頑張ればいい。

私が思っている貴方が違うのは当たり前だ。

貴方が思っている私が違うのは当たり前だ。

当たり前と、当たり前じゃない事があるのは生活の中ではきっと正しい。

 

人と違うことがあることは凄いこと。

人と比較されるぐらい違いがあるというは凄いこと。

どこかに囚われていた時には、その個性が邪魔をしたけどれ、今は誇れる物だと思う。

人とは違うからこそ、誇れる物にすべきだと思う。

腐ることも経験だ。でも、その経験を何かの踏み台にすることで誇れることに変えられるのなら凄いことだ。

 

きっと他人から見たら、個性が欲しいと嘆かれるだろう。

それはないものねだりで、私達を良く分かっていない人だろう。

私達は逆に普通をないものねだりしてしまうけれど、それでも許してくれ。

欲しくて個性を手に入れた訳では無いんだ。

今ではあって良かった。と思える程ではないけれど、無ければ大切な人を見つけられなかったから

時には役に立つんだ。と少し思っただけだ。

 

  • 違ければ突き抜ければいい。
  • 違ければやり続ければいい。

それ以外、何者でもない。

やり続ければ何かは身に付く、ゆっくり考えながらやれば良いんです!

最初から大きな目標を掲げても無理なことは分かっているから。

少しつづ!そして広げていこう!

スポンサーリンク

比較で僻みが発生するなら成長に変えよ。

比較するなら、自分が成長できる比較にしよう。

自分は何もしていないけど、ただ単に僻む。これ辞めない?

羨ましいなら何で?行動しないの?って私は思ってしまうから。

ライバルとか尊敬できる人の方が、自分も成長できるし相手もきっと成長できる。

要は一方的に何かをぶつけるのではなく、共に何かをすればいい。

例え、初めが0でもその後に1でも、10でも、自分で自由自在に変えられるから。

それは切磋琢磨したり、誰かの隣に居たいとか初めは小さな事でいいと思う。

結局は自分で自分を動かさないと何も始まらない。

流されっぱなしでは、その後がきっと大変になってしまう。

 

比較なんて、隣の芝生は青く見えると同じ原理だ。

そりゃあ人間よく見せたいから他人は僻むし羨ましいと思うだろう。

でも、そこじゃない。その後ろにある苦労を見ないといけないよ。

人は表しか見ようとしない。

それは、苦労なんてそのストーリーに存在しないから?

いや違う、ただ、完成した物にしか興味がない。

どれだけ作り込んでも分からない人には分からないし、分かる人には分かる。

その違いだけど、最後は自分が本当に創りたい物。でしかない。

 

生きている上で、その物事にどれだけ、受け入れる姿勢でいるか、それで、気持ちも気分も結構違う。

だからこそ、受け入れる時は受け入れるし、嫌だ。と思ったらやんわり拒否すればいい。

全部に言えて、違いというか、線引きをちゃんとしないと苦労するよ。って言いたい。

少しでも努力しよう。

誰かと比較してしまうなら、自分自身で色々なことが出来るようになれば解決!

そう思うだろう。でも、上には上が居て、解決とはならない。

でも、自信は身につくから、他人は他人、自分は自分と区切りがつくと思う。

 

色々なことが出来るようになっても出来ない事は多いし、挫けることも諦めることも多いだろう。

その経験がこの後生かされると思って一生懸命頑張って!

ほんの少し。その少しという意気込みがあれば何とかなるから。

努力するということは、集中することでも、熱中することでもあって、

それをすると他なんてどうでもいいってなるからさ。

 

比較が辞められないのなら、比較できないぐらいに楽しんでしまえばいい。

楽しむこと。それを忘れてはいけない。

まとめ

今回は他人に目ばかり行ってしまう事を書いてみました。

比較対象になることも、することもどちらも得なんて無い。

他人と違うなら違うと受け入れて、得意な道に行けば良い。

隣の芝生は青い。のが普通だと受け入れればいい。

そんな事を書きました。

スポンサーリンク

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事