何かが出来て、何かが出来なくても、自分を認めよう。
スポンサーリンク

何かができないより1つ自信が持てる物を作ろう。

誰かと比べ、劣っている所ばかりを自ら貶すのは辞めよう。

自己肯定感、承認欲求を高める。私も難しい。

それでも、何か1つ「〇〇だけ」は自信満々で誰にでも見せられるようになろう。

上を見れば見るだけ自信を失う。なら見なければいい。

私は多分色々な事ができる。でも何も出来ない。と言っているのは此処で止まりたくないから。

スポンサーリンク

劣っている事を貶しても変わらない。

何かが人より劣っている。それは誰を基準にしているの?

凄く努力している人?

凄く恵まれた環境にいる人?

その人達を羨ましがっているだけでは、何も変わらないよ。

誰しもが、皆が見ていない場所で何かを頑張っている。

天才と言われている者達も努力をしている。

何かが直ぐに出来てしまう人は、その分要領が良いと言われる

多分、色々な事を経験しているから、その物事のコツが分かる。

恵まれている環境にいるから色々な事が出来る?

「自分は恵まれていないから何も出来ない」

例え恵まれなくても、それでも努力すれば良いんじゃないかな。

努力をせずに他のせいにするのは、とっても簡単だよ。

これを言えるのは貴方が恵まれているから、って思う人もきっと居る。

私の普通が、恵まれているのか、恵まれていないのか分からない。

私から見る普通は、普通に生きることだ。

過去にこの目で見てきた、記憶を捨てても、今を生きていたい。

それを思うのはあまり良い記憶がない。

 

自信がないからと言って、自ら貶して何が変わる?

誰かと比べてしまう自分を貶す

誰かの為だと嘘を付いて本心を隠しその後に貶す

誰もが言う、自分はダメだ。と、それは本当に必要なのか?

私も自らを貶してしまう時はあるけど、明日に引きずったりはしない。

貶すことを辞めるのは難しいかも知れない。

それでも、自分を変えることを諦めなければ辞められるよ。

スポンサーリンク

自己肯定感を高めるのは難しい。

自分は、他人は、自らを認めることが出来る。

それは、自信を持つこと。

出来ないのは自分に自信が持てないから

素直になれないから

理想ばかり目に入ってしまうから

色々な要素が組み合わさって自らに鎖をしている。

 

私は自らを認めているのか、認めていないのかさっぱり分からない。

だから、誰かに認めて欲しい。と思ってしまうし

相手が自分を認めてくれれば、それだけで良いと思ってしまう。

ただ、1人になった時に、誰も認めてくれる人が居なくなった時に、

私はまた、悲しみだけが溢れてしまう。

自らを認めればどうなるんだろう。

認める。一概には言えないけど、自分を許す事なのかもね。

 

自己肯定感と承認欲求はセット?

自己肯定感は、自分に自信が持てない。

承認欲求は、他人に認められたい。

この世の中にはどちらも欲してしまう人が多い。

人は人に見て貰うために生きている。1人では生きれない。

 

私は、1人で生きていけると思っていた。「少し違った。」

誰かの優しさに浸かっているから、そう思っていただけだった。

誰かは誰かのために生きている。

でも、お互い折り合いを付けながら生きている。

例え、誰かに認められなくても、認められるまで頑張って見ること。

それが、良い方向に傾いてくれれば何かは変わる。

スポンサーリンク

何かを努力してみたら?

自信が持てないなら、好きな事してみたら?

誰かより、自分を満足させてみたら?

たった一つでも、好きが優る物があれば自信にも繋がる。だから、好きを追求しよう。

好きだから努力が出来る。それは当たり前ではない。

だから、好きを通り越してしまえよ。

世の中的には好きなことを仕事にするなと言われているけど、

中途半端にしなければいい。

 

私は努力を努力と思っていない。

正直な所、暇つぶしぐらいにしか思っていない。

初めは努力するし、億劫になるけど、徐々に好きになり、物事とお友達になる。

私はやる気を出したくない。淡々と何かをしていたいだけ。

自分を満足させる。その為に努力は惜しまない。

 

好きなことをしても自信に繋がらない。

それは、思い違い。

何かをする姿勢に自信が付くから。

好きでも、中途半端にしてしまえば自信すら失われる。

自信は、物事の姿勢で量も質も変わる。

それをあまり人は分かっていない。

 

努力しても到底叶わない相手はそこら辺に居る

だから、自分を持って、誰かに囚われてはいけないよ。

上を見て、憧れるより、自分を楽しませられるように努力しよう。

明日をワクワクさせよう。

それだけで、熱中を通り越して、何だって叶うよ。

私が何も出来ないと言う理由。

私は人より出来ないことが多い。

それは、生きることに対して、絶対的に必要な事は何なんだ?と常に考えていると

何も出来ていないな。と思うから。

出来る事は人より多いし経験もある。

それでも、今の自分を透視した時に出来ていないの文字が浮かぶ。

理想が高い訳ではない。生きることに執着があり過ぎてしまっているんだ。

 

出来る。出来ない。その間にあるのは自信か、それとも、理想か。

私はあまり出来ることを自重したくない。プレッシャーに押し潰されてしまうタイプだ。と自分で理解しているからだ。

自信満々に出来ると言える程目立ちたくもない。ただ、生きる為に何かをしている。そんな私だから、例え、出来ても、自信満々には言えない。

認める。それは自分の中ではとっても難しい事だ。

それでも、生きる為には選択を迫られる事ばかり。だから、他人の言葉に傷つけられてしまう。

頑張ろう。時には逃げよう。余裕を持って考えよう。私はこれを常に考えている。

まとめ

今回は出来ること、出来ないことは人それぞれだ。と伝えたくて書いてみました。

居心地が良い環境、悪い環境、それでも明日は来るし、来てしまう。

その中で、色々な選択を自ら進む。努力を惜しまず行っても、行わなくても、未来には反映される。

だから、今を一生懸命生きよう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事