スライド
    自分の扱い方は分かっても、他人の扱い方は知らない。
    スポンサーリンク

    他人の説明書があれば、上手に扱えるのかな?

    自分の説明は自分が上手に出来る。それは当たり前なのかな。

    他人の説明書が存在していても、それは過去の説明書でしかない。

    誰かを扱うこと、それは、手玉の取ること。

    それを考えている時点で、相手を下にしか見ていない。

    スポンサーリンク

    自分の事は自分が良くわかっている?

    誰かは自分の事は、自分が全てを分かっていると言う。

    でも、自分で見えない部分ってきっとあるし、他人しか分からないこともある。

    自分ばかりを見る人。

    他人ばかりを見る人。

    それぞれ、自分を持っていて、固定概念を持っている。

     

    他人の声が嫌でも、全てシャットダウンすべきではない事は重々承知で、

    だから、聞き分けをする。それが自分にも、相手にも何か繋がる物がきっとあるから。

     

    自分が常に正しいと思い込む人は自己中だろうか?

    自分だけを見ている人なのだろうか?

    本当に他人を考えずに居るのだろうか?

    私は分からない。言えないんだ。言ったら見えない誰かを傷つけてしまうでしょ。

    ただね、時には強くて、時にはすっごく弱いんだよ。

     

    自分の説明って、難しいよね。

    でも、難しくていいんだよ。

    心は誰にも見えないでしょ?

    自分でも自分が分からない時、あるでしょ?

    自分が分からない人は、誰も分からないって人は言うけど、

    自分自身を鏡以外で見たことあるの?

    結局さ、相手は自分が正しいと思い込んでいるだけなんだよ。

    正しさなんて、分からない。じゃん。

    所詮、相手も誰かの言葉を借りているだけだし、

    自ら生み出して1から納得できる言葉ぐらい出してみろって言うんだ。って思う。

     

    自分で、分かること、分からないことがあると思う、分からないなら他人に聞いてみよ。

    分からないことを分からないままにするよりか、分かっていた方がいいからさ。

    弱点をそのままにしていたら、突かれて終わってしまうと思う人だから。

    弱さは時に、強さを生み出してくれる。

    スポンサーリンク

    説明書は過去の産物。

    モノでも、人でも、過去に起きた事だから、説明できる。

    西野カナさんの「トリセツ」という曲はそういう全てが入っている気がします。

    起きていなければ、説明できないという事でもあるけど。。

    ただ、説明が出来なくても、今繋がれている。

    その感覚が一番大事だと思います!

     

    例え、誰かの説明書が落ちていたとしよう。

    それは、恋人だとしよう。

    その説明書って要らなくない?

    だって、説明なんて要らないじゃん。って思います。

    もう知っている。って思います。

    見たら見たらで、面白くないけど、参考にはする笑

    ロマンチックなシチュエーションだけは知りたい

    ドキドキさせたいから笑

     

    誰かの説明書があっても、過去は過去。

    説明書は相手の近くに居て、自分で書くこと。

    スポンサーリンク

    誰かを扱いたい。それは、。

    他人を自分のいのままに動かそうとする人が居る。

    それは、誰かを手玉に取ること。

    それって、悲しいよね。

     

    扱うより、その人を尊重して、気にかける。

    人を思うがままに動かしたい。そんな事を考えて生きているのはめんどくさい。

     

    私が思うことを言う。

    人は自分が好きだ、いや、他人が自分の為に動いていることが好きだ

    だって、優越感に浸れるから。

    そうゆう人には鐵槌を、理不尽な人の声は聞かないフリ。

    面白い。それが生きる糧だ。

    扱い方より、自分を持て。

    他人を扱って楽したい。それより自分を見て、持て。

    他人の扱い方なんて知らなくていい。

    自分は自分だと自我を持て。

     

    自分の説明が上手でも、下手でも、分かってくれる人と一緒に入れば良いじゃないか

    当たり前と思うことすら、当たり前じゃない。

    貴方は、誰かを扱いやすい。と思って、何かを押し付けていませんか?

    きっと、その押し付けが溜まって大きくなった時に逆襲に合いますよ。

    嫌なら、今からでも優しくしてあげてください。

     

    たった一人しか自分は居ないのだから、

    大切にしてあげてください。

    他人より自分を大切に。

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事