何かに躊躇することで何かを失うのなら躊躇してはいけない。
スポンサーリンク

躊躇する事で、私達に何を運んでくるのだろうか。

人間は高確率で後悔をする。行動しても後悔し、行動しなくても後悔する。

何かをすることで得られる経験は沢山ある。

何かをしないことで得られる経験は?それは経験は得られず、後悔。

私達は後悔をして生きる事が義務化されている。ならどうする?

今、何かに踏み出さないで、行動しないで、失う物は何だ?

スポンサーリンク

人間は後悔をする生き物だ。

私達は記憶を貯蓄する過程で、ありとあらゆる事を覚える。

勉強?人間関係?挑戦したいこと?恋愛?様々な事が世の中には溢れている。

その中で、何が大切なのか。それはきっと後悔を引きずらない事。

 

  • ある時、後悔をする出来事に巻き込まれてしまった。
  • ある時、何も行動できず家で後悔に苛まれてしまった。

貴方ならどちらを取りますか?

私はきっと前者となると思います。

後悔をしてさえも、もう前に進んでいるから。行動しているから。

後者はどうだ?

後悔をして何も得られていない。ただ呆然と突っ立てるだけ。

 

私は躊躇して後悔するなら、後悔だけで良い。と思っています。

思っているよりかは、真っ白な出来事に躊躇?始める前から怖い?って感覚が全く無くて、

とにかく始めれば良いじゃん。気分だよ。って思ってしまうタイプなので迷わず直進で行きます。

でも、私にも躊躇することは沢山あります。

物事を始めるのは容易でも、一歩足を踏み入れた途端、吸い込まれるように物事が待っている事に気づいてしまうから。

その後、何が起きるかと言われれば、自分成長できるのだろうか?覚えられるのだろうか?と恐怖が出てきてしまう。

一歩先に踏み入れたらといって、恐怖に駆られない事ではない。

また、恐怖に打ち勝つ事、恐怖を掻き消す事、恐怖を克服する事でもない。

 

何が言いたいかって。それは始める前から後悔をして何になるのか。

躊躇した挙げ句、得ていない物に後悔してもったいないと思うんです。

私達は記憶で物事に順番を付ける。効率良くするために何から初めたら楽だろうか?とか

その考え方は、何度も何度も行動を起こし、自分自身の記憶に貯蓄されたから出来る。

 

世の中的に、初めから出来ないことが普通という考え方は凄く良いなって思っていたりする。

初めからハードルが低く、安易に乗り越えられて気持ちもすっきり!いいな。

この感覚、考えがある人はいつも行動をして、挑戦する人だと思う。

何故って?誰かが物事を判断して、測って、これなら出来るんじゃないか?と教えてくれる人が、測る人が居ないから。

だから、自分で行動するという事は、何もわからないから難しい。続ける事も難しい。

 

仕事は義務だからしないといけないけど。行動、挑戦は義務じゃないから途中で投げ出しても誰も言わない。

私は誰も言わないからといって、放棄するとはならない。

一歩踏み出したならある程度まで持っていく。その為に目標も立ている。

絶対に成功させる物は続けているし、自分は義務感が強いから良いように考えるし

それを良いように使う。『少なからず人も巻き込んでいるからやらないとダメだ。』と自分に活を入れる。

 

私は何かを始めるからスタートし、後悔をしてしまう。という手順の事しか書けない。

世の中にはその逆の人が多く存在する。(躊躇する事から始める。)

言えることはやってから後悔をしなさい。としかいけないけど、

楽しいことを考えて前に進みなさい!

スポンサーリンク

何かをする。しない。その差は。

一言で経験の差。それは人生において劣る場所があるという事だ。

私は何かをしよう。と思ったら文章に書き出し、行動をする。

それは一種のトリガーと化す。(私の中で引き金みたいな物です。)

誰にでも、その引き金があるか、どうかは知らない。

でも、何かをする。それは新たに知識を加え、成長すること。

 

しない。する。その止まっている時間があるならとにかく踏み入れる。

やってみないと得意かどうか、出来るかどうかなんて分からない。

しない。とやっておけばよかった。って後悔するんでしょ。

 

私は何がしたいのか。良く分からないんです。

怖いのか、それともきっかけが無いのか。。。

きっかけ?そんなの楽しいと思った。やってみたいと思った。それだけで良い。理由を求めるなら始めなよ。

理由がないと誰かを説得できない。っていうかも知れないけど。

私は誰も説得していないし。自由に、勝手に、やって来ているので、その辺は何も言えない。

だって、言って何が変わるのか?不明だから。理由に関しては何も言えないです。ごめんなさい。

理由を求めたくなるのは分かります。でも、始める=前に進めた。それだけでメリット。

始めからデメリットを考えていたら何もやりたいとは思わないよ。

だから、メリットだけ考えて!

 

しないことで得られる経験は後悔だけだから。

それなら後悔+経験に、知識にした方が良い。

結局、迷いが生まれるという事は自信がない。

やりたいけど、進めない。それは心の持ちようなのかも知れませんね。

 

私は何かを見た時に何かが生み出て、やりたい!行きたい!と思う時に限って、

高揚感が上がり。行動しないのはもったいない!時間は今しかない!と自分は圧迫する?より

無意識に体が動いているです。行き急ぐってなに?ってずっと思っていたんですけど、

無意識レベルでやらないと後悔する。だから動く。それが最速化して、行動力なのかなって、行き急ぐなのかなって思ったり。

時には行動しすぎて、疲弊する。でも、そのぐらいが生きているって感覚がある。

スポンサーリンク

生まれた時から後悔が義務化されている。

私達は記憶が消えない限り後悔が一生続く。

それなら今、私達は何をする?

行動をする?誰かを守る?幸せを作る?後悔をしないようにする?どれも必要だ。

 

記憶を溜める過程で、一生消えない後悔が存在してしまったのであれば、悔やむより、消すことよりも

経験できてよかった。ありがとう。また記憶で会おうね。それで良い。

溜まってしまった事を後悔するより、あの時の事を鮮明に思い出して楽しかったな。と呟けばいい。

それが良いか。悪いか。は良く分からない。

でも、何度も何度も思い出す記憶が苦しい物より。楽しい方が良いじゃないか。

もう手に出来ない。存在を一時、美化し、その記憶が書き換わってしまうけれど、

それでも、私は受け止める。そうじゃないと相手が報われない。

 

後悔が義務化された世の中で、私は後悔しないように書き続ける事で精一杯だ。

あの時は苦しかった。あの時は楽しかった。それを全部受け止める。

そして私は誰かの元に留めれるように一瞬一瞬を作りたい。

それが苦しくても、悲しくても、嬉しくても、幸せでも良い。

その時が私にとってもっと大切になるように作って作って作りまくる。

後悔しない。ということは精一杯を本心を伝え、素直になることじゃないかな。

行動しないで失い物は。

失う物は、気持ちだ。自分だ。時間だ。

私は私で居れるように。私は動き回る。

まとめ

今回は躊躇すること、後悔することを書いてみました。

途中から躊躇を後悔が飲み込んでしまいましたが、それでも良いでしょう。

 

やりたいことを躊躇して後悔するよりした方が、断然いい。

怖いかも知れない。でも、後悔より怖くないよ。

一生付きまとわりつく存在が今、やれば消えるんだから。

そう思えば小さな事だよ。やればいい。理由なんで要らない。

いつかは消える存在を明確に存続させる方法は手を動かすしかない。

スポンサーリンク

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事