生き続けるのも才能だ。才能の裏側にはきっと何かが居る。
スポンサーリンク

才能という言葉に打ちひしがれたのなら努力という言葉があるじゃないか。

才能が。とかどうでもいい。才能を最大限まで伸ばす事も、伸ばせるのも自分だから。

何かの才能が欲しい。でも、生き続けるのも才能じゃないか。

才能を輝かせる者は誰よりも何かを我慢した結果が反比例しているのかもしれない。

才能があるから、努力をしない。そんな能力が確定した言葉ではない。

才能という言葉に囚われているなら世界が、視野が、狭いと私が言ってあげよう。

スポンサーリンク

才能を見つけたのは自分だ。

才能という言葉の反対に無能という言葉が存在する。

場所を間違えたら才能が、無能になってしまうこともあるという事だ。

だから、才能と認められるという事は数有る道の中から間違えなかった貴方はその才能もある。

言ってしまえば仕事が楽しいと思えるのも才能なんだ。

才能は誰しもある。けれど、見つけられない者がほとんどだから才能は凄いとなってしまう。

逆を言えば、社会のレールを外れずに進んでいれば見つけられないのは当然とも言える。

 

何らかの才能があっても、自ら動かなければ0だから。

駆けずり回って得意な物を探せばいい。

それが出来るようになれば行動力という才能もその頃には芽生えているから。

皆、何故か?踏み出すことが怖いと言う。でも、それでは才能には出会えない。

何かを始めるのも辞めるのも勇気がいる。

私は始める時にいつも思うことが1つ有って、それは経験に投資をするということ。

だって、お金以上に経験は大事だと私は知っているから。

前はこれが有ったから今度からこうしよう。って選択肢が増える。

話を聞いて、本を読んでも選択肢は増えるけど、やっぱりその場の雰囲気と経験が結び付くと

脳内で上手く考えが纏まり、後々良い方向に進むことが出来る。

 

才能は自分で見つけ、伸ばす物だ。

スポンサーリンク

才能が欲しい。でも、生きるのも才能じゃない?

何かと才能がほしい!と言っている悠長があるのなら探したら?始めたら?っていつも思います。

私は才能の定義は何なの?って思うんですよ。

それは普通では無い。と言っているように聞こえるんですよ。

多分、普通の人は才能があれば何でも出来るでしょ?って思っているんですよ。

才能の定義が不明確だから、こそ起きる事でもあり、寂しいな~と思うんですよ。

私も含め、人は流されて生きていく者だと察してしまうから。

 

昔、苦しんだ、苦しまされた、特徴を才能にして頑張っている人も存在する。

それを才能でまとめられて溜まるかよ。って私は思うんです。

だから、生きることも才能なんです。

そんな普通の事が才能な訳ない。と言う人がきっと居るけど、生きることは才能だよ。

それを考える境地まで来てしまった。私は生きることも才能と自信を持って言える。

 

才能が欲しいなら才能を見つける努力をすることをおすすめする。

スポンサーリンク

今、才能を輝かせている者は何かを我慢した結果かもしれない。

才能を見つけても輝くまでは我慢の連続だ。

誰よりも才能を感じている!で?って思う。

才能は自分で感じる物ではないし、その先が辛いんだよ。

才能を開花させるタイミングを間違えれば失うし。

才能って何なんだろうか。

言われて浮かれたら何かに潰れるし、期待をし過ぎても潰れる。

ただ、それすらも乗り越えたから才能何じゃないか。とも言えて難しい。

 

才能だ!才能だ!と言われる以前に、その人はどれだけの苦難を乗り越えたか分かるだろうか。

この世は一本道ではない。それは答えはない中で誰よりも突っ走って来た。という事がこの言葉で証明されている。

  • 才能という言葉が褒め言葉じゃない人も居る。
  • その言葉に苦しまされる人も居る。

誰もが才能に固執している訳ではない。

 

皆が遊んでいる時に、才能と言えるか分からない物に本気で取り組み、研ぎ澄ませた。それを貴方に出来るだろうか?

それを出来たから才能と言える存在に成り上がったんだ。と思ったら我慢ばかりだ。と思わないか?

言わば、才能が有ったとしても誰よりも研ぎ澄まさないと輝かない。

  • 努力を努力と思ったら負けだ。
  • 努力は日常に紐付けて楽しくする物だ。
  • 努力を習慣にすれば努力じゃなくていつもになる。

基礎練習が楽しいか?努力をするで達成感を得られるか?私は無理だ。

だから、考え方を、気持ちを変える。それをすることで何かと続けられる。

 

何もせずに才能を開花させる方法は確かにない。実力で上がった来た者には勝てないから。

だから、才能育成ゲームしないとね笑

苦しんだ過去を踏み台にして成長することも出来る。

誰かの為に成長することも出来る。

そこら辺にきっかけは落ちている。拾うか、拾わないか。その違いなだけ。

輝きたいなら誰よりも長く続ける。それしか無い。

才能という言葉は一種のあやかしだ。

才能という言葉に何故か、人は囚われる。

  • それは自分が出来ないから憧れとして見る面もあり。
  • あの子は才能だからと比べられたくない面もあり。

皆、才能という言葉で人のレベルを見ようとする。

確かに言葉で人を魅了することは不可能ではない。でも、完璧ではない。

 

才能が居るから私には無理だ。となる。その答えが分からない。

そんなので止まれるのなら私はとっくに止まっている。

何かと言い訳を付けて辞めようとするからダメなんだよ。

才能という言葉で何が分かる?何にも分からないでしょ。

現実を見て、真実を見てから判断した方がいい。

 

この世には何万人という才能が居る。

それを1人で計ってはいけない。

言葉は一種のあやかしにもなる。

才能か。努力か。その違いは何だ?

これが言葉のあやかしでもある。

まとめ

今回は才能について書いてみました。

才能とは何なんでしょうか?言葉で広まる何かに苦しまされる人に何と言うべき何でしょうか?

才能があれば。と言う人に私は努力と物量でカバーできると伝えたい。

何かと我慢する人、苦しむ人も居て、一言で嫌になってしまう。そんな人もいます。

何がダメで何が良いか。はその人にしか分からないけど、

きっと、一番は作った物を褒められることがその人にとっての幸せになると思います。

この世の中は何かとあやかしが多い。その判断をしっかりしないと間違った方向に行ってしまう。

言葉の真実を、情報の真実を、確かめなければならない。

スポンサーリンク

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事