未来が見たいと思うことがある。でも、見えたら何も楽しくない。
スポンサーリンク

未来は見えないから人は生きていられる。

未来が見えたら何でも知れて、分かって、楽なんだろうな。といつも考えていました。

でも、最近未来が見えたら、人生がつまらなくなるのではないか。と思いました。

未来を見ることは叶わない願いのは分かっています。私の中では希望でした。

人生は何が起こるか、分からないから良いのだ。

人は悲しい時・苦しい時は誰かに縋り付きたい生き物だと私は思います。

スポンサーリンク

未来てなんだろうか。

映画だとか、タイムスリップとか、パラレルワールドとか、よく使われていて目を輝かして観ていました。

SFの場合は想像を膨らませて、膨らませて、輝いている未来を書いている。と単純かも知れないけど、凄い!

その逆はどうだろうか?未来が輝いていない映画はあまり人気がない。。

 

未来は、当然の様に研究が進み新しい物が誕生すると思い込んでいる。

文明は進化を繰り返し昔は治せなかった病気も今では少しずつ治せる様になっているのは確かだ。

でも、人の体は過去・現在で治せないとダメなんだよ。未来の選択はない。

 

未来の為になるからする。後悔したくないからする。と考えて実行するのは良いのに

突然に見舞われた病気に未来も全て。余命宣告と言う言葉で潰される。

未来の終着点は死だけど、その間にどれだけ楽しめるか、面白く生きるか、が未来なんだと思う。

スポンサーリンク

見えたら楽になるの?

私の中では未来は何かしらで、成功している自分を見れる。と思っていました。

でも、失敗して挫折した自分になっている可能性だってある。

もしも未来が見えて、ボロボロの人生を見てしまったら人生つまらないんだ。だったら今死んだ方がいいよね。

と絶望して全部を捨ててしまうと思う。

 

未来で成功している。自分を見たら見れたで、今の自分がどれだけ惨めなのかを実感してしまう。

希望を抱くのはいい。実際に見えてしまったら何かが狂ってしまう。

スポンサーリンク

見えない方が絶対に良い。

未来は見えないから何でも挑戦でき。これ成功するのではないか?と期待を込めて考える。

考えて初めることも出来る。また人生が思わぬ方向に行く可能性も秘めている。

人生は自分で、選んで、突き進んで、経験をする。

 

年齢と共に後悔も増える。それだけは嫌だ。嫌だから見えない道でも進む。

今は見えなくても未来は叶っているかも。と考える方がよっぽどマシな人生になると信じて。

何か1つ強い心・目標・信念がある人はどんな人よりも決意が強く諦めない。

未来は何でも叶っているのかな?

この記事を書く前は頭の中で整理をせずに未来が見たいな。と片隅で思っていました。

自分の中では未来は何者かになれていて、普通に生活しているんだろう。

と理想を追いかけていて現状を全て否定していました。

 

未来にはなにかあるんだ。と本気で願っていたから。現状を理解して少しずつでも

自分を変えないと現状のまま人生が終わってしまう。と文章を書き出して気づきました。

 

自分の場合は、どれも参考にせず考えて自分と向き合って文章を完成させます。

書く・書き出す行為は今まで思っていた気持ちを全てさらけ出すので、自分でもびっくりする事があります。

これから自分はどこにいくか分からないけど、足掻いてみます。

まとめ

未来が見たいけど、見れたら面白く無いんだろうなと感じたので、書いてみました。

未来は希望もあるけど、絶望もある。

見れたと仮定して書いている点がほとんどです。

 

書いていると現状を見て見ぬ振りをしているだけ、現実逃避でしかない。

私の中で記事に書く行為は全てを整理ができ、気持ちと向かい合うツールです。

何に悩んだら文章に書き出すのも手ですよ。

スポンサーリンク

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事