命の重み。痛みは同じなの?命は消耗して消えてしまうの?
スポンサーリンク

命の重み。痛みは人それぞれ異なるのか?受けた傷の癒え方も。

命とは?生命とは?生きていることを証明する総称ではないか?

いずれ人は死に魂が体から抜ける。と映画で知識を得た。それは誰かがイメージをし理想を描いたからだ。

実際の所、死んでいないから誰も分からない。

痛みだって重みだって見えない。でも、心には傷が残っている。記憶が消えれば全てが無くなるのか?

この世は分からないことだらけで自分自身の感情さえ理解が出来ないこともある。

スポンサーリンク

命は何だろうか?

命について深く掘り下げたことすらない。て冷たいかな?

命は親に授けられ生命が誕生する。ここまでは誰でも理解はできる。

ここから先は?言葉が変化し生きるって言葉になるのかな?(不明)

 

『命が無くなる』と想像ができないから大切かどうか。無くなったらどうなのか?が分からない。

命とは自分自身の核になる何かなのは分かっている。生身の体で核になる所は脳・心臓だろう。

命は手にできないし触れられない。逆に言えば誰も触れられない安全地帯。

私の中では多分一生答えは出ない。想像が全く出来ないから。

どこかの大人に聞いても『憶測』『不明』と返答が返ってくるに違いない。

正解も不正解もない。が一番正しいのかも知れない。

スポンサーリンク

命の痛み。重みは人で違いがある?

強いて言うなら痛みには違いがあると思います。

人から敵意を向けられ攻撃をされた。直接体に攻撃されたとも言えますし言葉で攻撃されたとも言えます。

痛みには種類がある。人によっては痛みに耐性がつく。

 

私は過去は過去今は今と割り切れる程綺麗な記憶を持っていなくて

過去に敵意を向けられ攻撃されたことは何度もありますけど、自分も悪い所があって受けた。

ただそれだけの事なのに薄っすら記憶に残っています。今は共存状態ですけどね笑

割り切ることが出来て痛みは薄れた。割り切ることで精一杯だった。

痛みは時間と共に薄れる。薄れるだけなんだよ。記憶が消えないんだよ。消えて欲しいと何度も願ったよ。

敵意を向けられ自分が弱ければ弱い程惨めになり癒える事はない。

痛いと言えれば本当に楽になるのかな?逃げても良いのかな?なんて考える余裕はないからきっと今でも

全部1人で抱え込めば良い。耐えれば良い。と考えてしまう。

 

痛みが数値で出るようになってくれれば誰か悩んでいる人を救える様になるんじゃないかな?

相手を一秒でも早く後悔させられる様になるんじゃないかな?

こんな世の中で息苦しいともがいている子が居なくなればいい。居なくならないといけないんだよ

命の痛みは一生癒えない傷。

スポンサーリンク

命は消耗する。

命は消耗に消耗を繰り返して人生を進めていく。

消耗をし過ぎる人生は早死するのかと言われれば不明。この消耗の話は空論の話でしか無いから。

命に科学的な根拠は存在しない。存在できないが正直な所だろう。

 

私の中では命は消耗をしていると仮定している。

ただ命は消耗品ではない。消耗を繰り返してもなお、命の存在がある。

不思議だ。と収まってしまう訳だが、深堀りしよう。

 

物の消耗は主に寿命・劣化言い換えれば使い捨ての物。

命は消耗品ではないのになぜ消耗すると言ったのか、『記憶によって命に書き込まれ少しずつ消耗を繰り返す。』

記憶がリセットされれば命の消耗もリセットとはいかない。消耗した部分は一生復活しない。

簡単に説明するとしたら命の容量は無限ではないが、消耗しても容量は一生分無くならないぐらいたんまりある。

まだここまでしか仮定が出来ていない。そもそも根拠がないから思っているだけの人です。

※個人の見解です。

自分を否定し過ぎると命に否定と刻まれてしまうよ。

否定。自分を否定。過去に何度も繰り返した事でもある。

自分はこうじゃない。自分の居場所はここではないと否定をした。

否定する事で気持ちが楽になっていた。自己肯定感が低かった。

 

今は否定することも無い。否定することで自分も相手も嫌な気分になることが確かだから。

否定を繰り返し行うと全部否定をしてしまう。命にも刻まれてしまう。

投げ出しても自分は悪くないと否定をする。最終的には否定すればいいと思ってしまう。

もうその頃には刻まれている。習慣になっている。

 

そんな人にならないでとも言えない。逃げてとも言えない。

ただ自分の心はきっと悲しいと思っているよ。誰よりも寂しいと思っているよ。

まとめ

今回は命について書いてみました。

命は科学的な根拠が存在しない。存在しないから空想の話が出来上がる。

それ程、命とは解明できない。代物なのだろう。

命の痛みにレベルは無い。痛いと感じていなくとも痛いとどこかで感じている。

癒やしを求め続けても癒えない傷はある。誰もが癒えない傷を持っているかと言えば分からない。

でも、消えなくとも薄れさすことはきっと出来る。

 

痛みに勝とうと耐えようとしなくていい。

ブログを応援していただけると助かります!

Amazon・楽天で商品を購入する時に下のリンク経由で
買って頂けるだけで商品の値段は変わらず 少し私に入ります!

 

Amazon

楽天市場

スポンサーリンク

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事