スライド
    【沖縄久米島旅行】家族・恋人で行くなら はての浜は絶対条件?
    スポンサーリンク

    久米島旅行の観光・体験スポットを詳しく教えます!

    今回は母親・姉2人・私の4人で久米島を2泊3日で旅行をしてきました!(女3人男1人)

    那覇と比べて2月の久米島は肌寒い。

    レンタカーで観光スポット6箇所周りました!

    はての浜では沖縄県の条例で貝殻を持って帰れない?

    お土産は久米島ではそこまで売っていない?

    久米島に住んでいないと分からない謎のパン屋が存在する!

    スポンサーリンク

    まずは予約のレンタカーをゲット!

    久米島は楽天のキャンプ地なのでキャンプ中は予約しないと借りれない。(レンタカーの店員さんから)

    到着出口を出るとレンタカー会社の受付カウンターが連なっているので分かりやすい!

    今回のレンタカーの車両はノートでした!(走行距離3万6000キロぐらい)

    道路にはほぼ車が通っていないので初心者でも運転できる!道幅も広い!

    (サトウキビが道路にはみ出している笑)

    凄く燃費が良かったですよ!50キロぐらい走ったのにメモリーが全く減らなかった!

    • 会社名    イーストレンタカー
    • 営業時間 8時から19時まで
    • 電話番号 098-896-7767
    • 利用料金 2泊3日 Sクラス 1万3200円(季節で値段が上下します。)
    • HP      http://www.abc-car.net/plan_kume.php
    • 地図

    スポンサーリンク

    はての浜は砂がサラサラで真っ白?

    今回はての浜に来るために乗った グラスボートも写っていますね!

    心の中まで浄化されるような綺麗さですね!!波の音もいつまでも聞いていられます!

    2月の閑散時期でしたので人は少なく写真の邪魔になることはありませんでした。

    はての浜の滞在時間が1時間しか無いので楽しむなら夏がおすすめです!(ツアーも無し)

    貝殻をお土産にしている方には残念なお知らせなのですが、貝殻は持ち帰れなくなりました。

    沖縄県のホームページ

    値段は1人3500円でした!(ホテル内で予約)

    割高な気もしますが、はての浜にはそれ以上の価値があります!

    スポンサーリンク

    閑散時期のイーフビーチは誰もいない?

    ※写真に人が写っているのは私の姉です!笑

    楽天の選手が泊まっているホテルのすぐ近くにあるビーチですね!

    海は海藻?サンゴが流されて来てしまったのでみすぼらしい姿に。。

    丁度雲に隠れてしまったので写真はイマイチになってしまいました。

    夏には大繁盛のビーチ! 冬は誰もいませんね。

    閑散時期にはおすすめしません。(写真にならない。)

    • 地図


    石畳は溶岩から?不思議!

    石畳はレンタカーがないと行くのは難しい。

    初めはただの石があるだけで何も楽しくない。と思っていました。

    実際に見てみるとこれが自然で出来上がったのか。うん凄い!

    確かに美しいだけど面白いかと二択にされたらNOと答えます。

    潮が下がっていたので端っこまで行けました!(途中滑りそうになったのは省略)

    3枚目は潮が上がれば見えなくなります。模様が出来ていますね!キレイ!

    • 地図

    ウミガメ館!凄く近くでみれます!

    石畳の階段を上がってすぐ隣に施設があるので気軽にカメに出会えます!

    1枚目の写真はディズニーのタートルトークにそっくりですね!

    水槽を上から見えます!1匹少し水面に出ていますね!(あまり見えない。)

    全体的に施設は小さく 写真に写っている水槽が施設内で一番大きい。

    他にも子供のカメが泳いでいる小さい水槽が3つありました!(写真忘れました。)

    • 施設名  久米島ウミガメ館
    • 営業時間 9時から17時まで
    • 電話番号 098-985-7513
    • 利用料金 大人300円/小・中学生200円
    • 地図

    シーサー作り体験?シーサーだけでも買える?

    やちむん土炎房のお邪魔しました!

    シーサーほぼ全てに久米島土が使われているのでお土産に最適です!

    シーサーをその場で色付けをする際はプラス400円で行えます!!

    シーサーの粘土状から形を作るまで体験できますが、その場では受け取れず1ヶ月後に郵送で届くそうです!

    様々な種類があるので選ぶのに迷いますね!

    • 施設名 やちむん土炎房
    • 営業時間 9時から閉店時間 不明
    • 電話番号 098-985-7457
    • 地図

    住んでいる人しか知らないパン屋さんがある。外にはヤギ?

    やちむん土炎房さんのすぐ上に森のパン工房 麦心さんがあります!

    店主さんは女性の方1人でなので週2日しかオープン出来ないようだ。

    水曜日と土曜日しか営業していないので日付が合わないといけないパン屋さんです!

    パンは無添加で美味しいですよ!おすすめです!

    今回行った頃にはパンは少なく 早めに行った方が良さそうです!

    他にも久米島の石鹸など珍しい商品が有ったりとリラックス空間になっています!

    • 施設名 森のパン工房 麦心(むぎごころ)
    • 営業 毎週水・土曜日のみ営業13時30分から16時頃まで
    • 地図

    ホテルから滑走路と飛行機が見える?

    今回 室内を撮るのをすっかり忘れてしまったので

    夜に外から撮影したホテルの外観を御覧ください!

    ホテルに泊まった感想は 部屋が全て海側に設置されているので部屋が安くても海が見えます!

    夏にはプールも使えて良さそうですね!真正面は海なので夜は風が出ており肌寒かったです。

    部屋のベランダから飛行機が見えたので撮ってみました!

    空港から近いので飛行機系が好きな人にはおすすめするホテル。

    ベランダに出ればエンジン音は多少聞こえますが、窓が二重窓になっているので聞こえない!

    久米島の空には無数の星が!!

    この写真の撮影地は上にあるホテルの外で撮りました!

    東京生まれの私は星をキレイに見るなら山の頂上!が普通と思っていたので。

    今回久米島の星をみて東京は明るすぎるんだなと実感しました。

    どこからでも晴れていれば星見れるんだよ凄くない??

    ガチガチで星を撮影する訳では無かったので星をキレイに撮れるスポットには行きませんでした。

    行かなくてもこれだけ鮮明に撮れているので満足です!!

    まとめ(感想)

    正直久米島に行くまでは海しか無い つまらない。と思っていました.

    だけど島をレンタカーで周って理屈がひっくり返り。

    普通に楽しいじゃん!になったよ!

    ただし1回に限る。観光地を全て周ってしまうと海の風景を撮るしかなくなります。

    久米島にお土産はほぼありません。少しホテルの売店に有るぐらいです。

    今回は寒い時期だったので海に足をつけるぐらいしか出来なかったので夏に行きたい!

    と思わせてくれる久米島でした!

    スポンサーリンク
    おすすめの記事