スライド
    黙っていても、変わる物と変わらない物があるんだよ。
    スポンサーリンク

    どれだけ、息を潜めたって息を吸わないと行けないのだから。

    人は誰かは、黙ることが正しいと思う節がある。

    それは、自分自身が我慢をすれば、隠せば、なんとかなるから。

    黙っていても、進む世界はちっぽけだ。

    それ以外の場所は、自分で発していかないといけない。

    どんな時も、自分は自分で守る。その意味は我慢をすることでも、守り過ぎることでもない。

    スポンサーリンク

    黙っていてもつまらないだけだから。

    黙ることで、何が解決すると思うのは、身勝手だ。

    きっと何も解決しないし嘘を付き続けることになる。

    今までは黙っていれば解決できた。ただ、解決できない問題は無視しただけじゃないか。

    黙って、その後は曖昧になって、消えるだけじゃないか。

     

    だから、黙って済ますのはもうやめようよ。

    言いたいことを言えないのは悲しいだけだから

    ストレスが溜まったから黙って居なくなる。

    言いたいことを我慢せずに言ってしまえ

     

    黙って、黙って、損ばかり。

    それなら、言って、言って、得したら良い。

    今までの鬱憤を晴らしたら良い。

    そうじゃなきゃ一方的に損を被るだけだ。

     

    誰かと居て、つまらないのは、興味がないから

    それと、静かに過ごしたいから

    無言で居ても心地が良いって良いよね。

    でも、伝えないといけないことはちゃんと伝えないとダメなんだって分かった。

    スポンサーリンク

    我慢してもなんともならないこともあるんだよ。

    黙って我慢出来るのは、どうでもいいんだよ

    我慢すればするほど、我慢と言う耐性は付いてしまうけど

    それと同様にどうでもいいと思うことも増えてしまう。

     

    朝が嫌い。でも、我慢する。

    そして、耐性が付く、それが当たり前なんだよ

    当たり前の我慢と当たり前じゃない我慢が溢れているけどね。

     

    どうでもいい人に言われた言葉は我慢できるけど。

    どうでも良くない人に言われた言葉も我慢できるけど、

    でも、大切な人なら逆に我慢しちゃいけないんだと思う

    言いたいことを伝えないといつかは大喧嘩になってしまうから

    溜まった鬱憤は適度に消化しないと消化しきれない。

     

    我慢すれば、いつかは弾けてしまう。って自分は思う。

    パって冷めてしまう人も居ると思う。

    それは、甘え過ぎた。それしか言いようにない。

     

    我慢して、隠しても、どうにもならないことがある

    それでも、隠し続けてしまうのは、言えない関係になってしまったんじゃないの?

    言わせないようにしているんじゃないの?

    許してくれる。許してくれる。って思っていても

    多分、内心許していない。

    そうなる前に、甘え合えたら良いね。

    スポンサーリンク

    自分から進も

    黙っても、息を潜めても、自分から進もうよ

    自分が居る今の世界はちっぽけかも知れないから

    他人に連れ出されて初めて何かを感じたのと同じ様に

    自分が今いるべき場所から離れることも何か正しい気がする

    ずっと同じ所を見ているとつまらなくなってきてしまうからさ。

     

    息を吸って、吐いたら世界が違うことを信じて進めばいい

    それで変わらない世界は何処にもない。

    あるとしたら時間が止まっている世界ぐらい。

     

    何事もしたいからする。理由なんて要らない

    理由があることで、自慢ができるかも知れないけど

    でも、理由以上に大切なことは沢山あるから。

     

    いつまでも、整列していないで、列を良い意味で壊したら?

    私達が居る世界では、罪悪感を感じてしまうと思うけど

    ちょっと違う世界に入れば、列を乱さないと新しい物が生まれない世界もある

    だから、きちんと整列しなくても良いんだよ。

    守っても、守っちゃいけない所はあるんだよ。

    自分を守ることは大事だ。

    だって、自分は自分でしか守れないのだから

    それでも、守り抜くこと、守り抜かなくても良いこと、が有っても良い。

     

    自分を守ること、自分を出さないこと、って、誰も必要としていないし隙も作らない。

    それって、寂しいよね。

    自分を守れば守るほど、誰も要らないように見えて、本当は手を差し伸べて欲しい合図だったりするから。

     

    守ることは、気を許さないことは、舐められないようにする技かも知れない

    でも、そんな事していたら誰にも相手にされなくなるよ

    他人から見たら、怖い人かも知れないしさ。

    分からないからこそ、気を少しは許しても良いんじゃないかな。

     

    自分は、守ることも良いことだし、気を許すことも良いこと。

    どっちにしろ、自分を守る事に変わりはないし

    ただ、信用できそうならした方が良い人生にはなると思う

    一人で居るもの退屈だし。

     

    何から何まで言うことでは無いけど

    ある程度、誰かが入れるぐらいの隙だけは作っておいても良いと思う。

    スポンサーリンク
    おすすめの記事