普通は、何が普通なんだ。愛に、今に普通はあるか?
スポンサーリンク

普通になる為に、普通を考えている。

何で普通になりたいと願うのかは、自分でも分からない

ただ、自分が他の人より浮いていることを知っているのからなのかも知れない。

愛に普通はない。

愛に普通があるなら、色々な恋愛話があるのは可笑しいじゃないか。

今を普通に生きる。

今だけを普通に生きている訳じゃないのに、何かに囚われてしまった。

スポンサーリンク

普通は願うものじゃない。

普通に生きている人が、普通と考えることがあるか?

私はほどんど無いと思う。

それは、普通がその人に定着しているしそれが、普通だから。

 

普通じゃない。

他人と違うことにヤキモキして、ずっと悩んでいる

それは、願うことも、思うことも、諦めたくないから。

 

普通は、普通の中は、星みたいにキラキラと輝いて見える

逆に、それが言えるのは外れた場所で輝いて居るからだろう。

 

普通とか、普通じゃないからとかを区別する人が居るのは確かだけど、

その人が輝いていない訳じゃない。

その人にあった輝き方をしているだけだ。

 

嬉しいこと、楽しいこと、悲しいことは、普通で単調なのか?

普通じゃないから、感じられる感情何だと思う。

いつも感じられたら特別感も、ドキマキも減少してしまう

少なからず、いつも同じ訳ではない。

同じになってしまうのは、何度も何度も繰り返されたから目新しさを失ってしまったんだ。

仕事でも、繰り返していたら慣れてしまう事と同じ。

スポンサーリンク

愛に普通はない。

愛に普通を求めてはいけない。

普通はこれ。だとか、これが普通とかを押し付けて困らせて

相手の意見を無視しても、相手は納得できないし不安なだけだ

悲しいだけだ。納得するように伝えよう。

 

人それぞれの愛が世の中を駆け回っているけれど、

誰かの心にはある愛も

誰かの心にはない愛も

全てが愛で、1つ失くなった所で愛には変わりない。

 

愛は押し殺せば押し殺すほどに溢れてしまう物だから、

普通とかを考えるより、相手を一番に考えてあげたら良いのでは無いのかな。

人は一人だと寂しさしか残らないから、悲しいから

1人が良いと言う人はきっと寂しがり屋だよ。

だから、貴方に手を差し伸べて欲しいと思っているよ。

天邪鬼みたいな人は、言っちゃいけない事も、言って後に悩んじゃうからさ

 

愛は相手に試されること?

愛は安心できる物?

じゃあ、愛を感じたい時に、感じられなかったら貴方はどうする?

自分はこうする。

相手の愛を試して、安心をする。他の方法があるなら教えて欲しい

貴方は不器用だねって言うけど、

じゃあ、不器用だから助けてよ。

分からない事が多いから聞いてるのに無言の愛とか要らないよ。

声を荒らげられたって良いから知りたい。

気持ちは貴方にしか分からない

だから、愛も恋も教えて欲しい。

スポンサーリンク

今を普通に生きていても、、、。

今だけを生きている訳ではないのに、今に取り残されている

過去に、今に、生きている。生きていたでもある。

なのに、今が普通とは程遠く感じて、分からなくなっている

 

目まぐるしく、世界は変わるのに、目の前の関係は一切変わらない。

目まぐるしく、あの人達の関係は変わっているのに、私達は深く愛だけが強くなる。

他人を羨ましがっても私達は私達の世界で生きていて、悩み苦しみ、様々な事が日々を流れ

それと同時に、時間までも流れ、焦ってしまっている。

 

ゆっくりでも良いけど、誰にも取られたくない。

それって、今を生きるために必要で、それすらも普通の感情。

今だけを見て、変わらないことはあっても。

今だけを見て、変わることがあっても。

先を見ることが絶対に正しいとは思わないし、先を見て悩むなら見なくていいとも思う。

 

関係が長ければ、相手を失いたくない気持ちが溢れてしまうのは仕方がない事

それでも、関係を見直せれば、失わないことだってある。

多少のダメな所は我慢しても、自分が無理だと思うことは話し合えばいい。

普通が有る物と無い物。

この世の中には普通という、区別が有る。

その区別が明確に現れるのは、他人の言葉。

 

普通を生み出しているのは、自分なのか。

それとも、他人の言葉が自分に刺さって生み出しているのか。

実際、他人の言葉に刺激を受けてしまうのは事実

でも、自分を追い詰めて、苦しむことも事実で、言ってしまえば両方ある。

一概に誰が生み出しているのは、分からない。

 

普通が有って、普通が無くても、どっちでもいいという気持ち何じゃないかな。

その意味は、特定の何かに囚われてしまうから

色々な気持ちを持つことで、今を変えられる。

スポンサーリンク

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事